Go to Contents Go to Navigation

新大久保駅事故から20年 韓国首相「韓日関係発展に努力」

記事一覧 2021.01.26 15:27

【東京聯合ニュース】韓国人留学生、李秀賢(イ・スヒョン)さん(当時26)が東京のJR新大久保駅ホームから転落した人を救おうとして亡くなってから26日で20年となることを受け、韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は自身のフェイスブックに「両国をつなごうとした故人の志が実現するよう、韓日関係の発展のため努力する」との追悼文を投稿した。

日本留学時代の李秀賢さん(李さんの追悼サイトより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、「故人の献身と犠牲は国境を越え、両国国民の心を動かした」とし、「今年は新型コロナウイルスにより追悼祭が縮小されたが、義人をしのぶ心には国境がなく、感染症も尊い精神を妨げることはできない」と強調した。

 丁首相は李さんをしのぶホームページにも文章を掲載し、「あなたの犠牲は愛を育ませた花の種だった」とたたえた。

 事故は2001年1月26日午後に発生した。酒に酔ってホームから転落した男性を助けようと李さんと関根史郎さん(当時47)が線路に飛び降りたが、3人とも電車にはねられて亡くなった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。