Go to Contents Go to Navigation

20年の成長率マイナス1% 「最上位圏の実績」=韓国大統領府 

記事一覧 2021.01.26 15:53

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は、2020年10~12月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前期比1.1%増加し、通年ではマイナス1%となったという韓国銀行(中央銀行)の発表について、経済規模10位圏内の先進国が3%から10%以上のマイナス成長が予想されることに比べれば最上位圏の成長実績だと評価した。青瓦台の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が26日、書面会見で明らかにした。

昨年6月、青瓦台で開かれた非常経済会議に出席する文大統領(右)と洪楠基・経済副首相兼企画財政部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、韓国の成長率は国内外の主要機関の見通しや市場の期待を上回るとし、国民1人当たりのGDPでは主要7カ国(G7)を超える可能性が高いとの海外メディアの報道もあったと紹介した。

 青瓦台は、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官がフェイスブックに投稿した成長率の分析を文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自身のSNS(交流サイト)で共有したこともこのような成果を広く伝えるという趣旨だと説明した。

 康氏は、一部メディアがアジア通貨危機の影響を受けた1998年以来のマイナス成長などと報じたことに言及し、この日発表された成長率は流行の第3波が続く新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)の中で、国民全員が日常を犠牲にして成し遂げた成果であることを考えてほしいと呼びかけた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。