Go to Contents Go to Navigation

日本からのビール輸入額 昨年は85.7%減=韓国

記事一覧 2021.01.28 07:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の昨年の日本からのビール輸入額が前年比80%以上減少したことが28日、分かった。

ソウル市内の大型スーパーの輸入ビール売り場(資料写真)=(聯合ニュース)

 関税庁などによると、昨年の日本産ビールの輸入額は566万8000ドル(約5億8000万円)で前年比85.7%減少した。

 日本からのビール輸入額は2018年の7830万ドルから19年は3975万6000ドルに急減し、昨年はさらに減った。日本政府による19年の対韓輸出規制強化を受け、韓国で広まった日本製品の不買運動が影響した。

 日本産ビールは、18年には韓国の輸入ビール市場で不動の1位で、輸入額は中国産ビール(4091万2000ドル)の約2倍だった。しかし、19年に4000万ドルを下回り、中国産(4345万5000ドル)に抜かれ2位になり、昨年は9位に落ち込んだ。

 昨年の輸入額1位はオランダ産ビールで4070万4000ドルだった。次いで米国産(3494万9000ドル)、中国産(3234万1000ドル)、ベルギー産(2671万ドル)などの順。

 日本産ビールの輸入額は19年9月(6000ドル)に底を打ち、その後は増加傾向をみせている。不買運動がやや落ち着き、昨年下半期には日本産の缶ビールを4缶1万ウォン(約940円)で販売するイベントなどが行われた影響とみられるが、昨年12月の輸入額は74万6000ドルで、対韓輸出規制措置前の19年6月(790万4000ドル)の水準にははるかに及ばない。

 日本から輸入が減少した影響で昨年の全体のビール輸入額は2億2692万ドルで前年比19.2%減少した。

 酒類業界関係者は「コンビニで日本産ビールが少しずつ販売されているが、まだ販促イベントを大々的に行う雰囲気ではないようだ」とし、日本からのビール輸入は当面は回復が難しいとの見方を示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。