Go to Contents Go to Navigation

韓国・SKハイニックス 20年の営業益84%増

記事一覧 2021.01.29 09:26

【ソウル聯合ニュース】韓国半導体大手のSKハイニックスが29日に発表した2020年の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年比84.3%増の5兆126億ウォン(約4700億円)だった。

ソウル郊外の京畿道・利川にあるSKハイニックスの本社(資料写真)=(聯合ニュース)

 売上高は前年比18.2%増の31兆9004億ウォン、純利益は136.9%増の4兆7589億ウォンだった。

 SKハイニックスは「昨年、米中の貿易対立の影響でメモリー市場が低迷したが、第3世代10ナノ(ナノは10億分の1)メートル級のDRAMや128層NAND型フラッシュメモリーなどの主力製品を安定的に量産し、好業績を上げた」と説明した。

 20年10~12月期の営業利益は前年同期比298.3%増の9659億ウォンだった。売上高は7兆9662億ウォン、純利益は1兆7677億ウォン。下半期からDRAM価格が下落し、10~12月期はウォン高の影響を受けたが、7~9月期からモバイル用製品の需要が続き、好調をみせた。

 SKハイニックスは今年、DRAM市場でグローバル企業の新規データセンター投資により、サーバー用製品の需要が拡大するとの見通しを示した。新型コロナウイルスの影響で伸び悩んでいた高速通信規格「5G」対応のスマートフォンの出荷量も増えると予想した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。