Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン接種 「差別あってはならない」=韓国首相

記事一覧 2021.01.29 11:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は29日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、「公正性と透明性の二つの原則を持ち、接種を進める」として、「地位の高低や貧富の格差、国籍、性別などを巡って差別があってはならない」と強調した。ワクチン・治療薬の状況点検会議で述べた。

会議で発言する丁首相=29日、ソウル(聯合ニュース)

 丁首相は「徹底した科学的な根拠に基づき、接種の優先順位と時期、接種するワクチンを決め、その過程を公正に管理していく」との方針を表明。「全国民に対する無料接種もこうした原則に基づいて決定した」と説明した。

 また、「ワクチンの導入から運送、保管、接種の状況管理の全過程を国民に透明に公開し、信頼を得たい」と強調。「私が接種を受けるワクチンの種類と時期などの詳細は決まり次第、迅速に案内する」とし、「安全で体系的な接種に総力を傾ける」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。