Go to Contents Go to Navigation

減少傾向だった感染者数が再び増加 「緊張感もって注視」=韓国政府

記事一覧 2021.01.29 14:45

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は29日、新型コロナウイルス感染症に関する記者会見で、「緩やかながらも減少傾向を見せていた(新規)感染者数が、今週になって再び増加しており、相当な緊張感をもって状況を注視している」と述べた。落ち着いたかに思われた流行の「第3波」が再び勢いづいているのかどうかを見極める考えだ。

新型コロナウイルス検査を受けるため列を作る人々=(聯合ニュース)

 国内の1日当たりの新規感染者数は、先週には300人台程度を維持していたが、今週になって400~500人台に増えている。尹氏は「個人間の接触による感染も増えており、(プロテスタント系宣教団体の)IM宣教会、教会、職場、スポーツ施設、サウナなどでの集団感染も起きている」と説明した。

 首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)だけでなく全国的に人の移動量が徐々に増加していることも、防疫を困難にしている。統計庁の資料を分析した結果、携帯電話の位置情報を基に測定した全国の移動量は26日が2908万6000件で、1週間前の19日と比べ1.1%増加した。

 尹氏は、感染対策の基本である密集、密接、密閉を避けてほしいと国民に重ねて呼び掛け、油断すれば第3波の勢いが再び強まりかねないと懸念を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。