Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「テロ扇動する外国人増加」 対応態勢の整備を指示

記事一覧 2021.01.29 18:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は29日、政府ソウル庁舎で開かれた国家テロ対策委員会で、「テロから国を守ることがわれわれの使命だ。国内外の状況を総合すると、テロ危機管理を厳重に行う必要がある時期」とし、徹底的に対応態勢を整えるよう指示した。

国家テロ対策委員会を主宰した丁世均首相=29日、ソウル(聯合ニュース)

 丁首相は韓国内で国際テロ組織に資金を提供したり、テロを扇動したりする外国人が増え続けており、国際的には極右テロが拡大しているなどと指摘した。

 政府が分析を行った結果、東京五輪を機に国際テロ組織の構成員が韓国を経由地にする可能性があり、また新型コロナウイルスの流行が長期化したことで、不満を持つ人がテロを模倣した犯罪を行う可能性もあると見通した。

 政府はこの日、危険人物の入国拒否、国際協力を通じたテロの兆候の早期把握などを盛り込んだ2021年国家対テロ活動推進計画を審議・議決した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。