Go to Contents Go to Navigation

韓国の20年空港利用者58%減 12年ぶりマイナス

記事一覧 2021.01.31 14:35

【ソウル聯合ニュース】韓国統計庁によると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に見舞われた2020年の国内15空港の利用者は過去最高を記録した前年と比べ58.8%減の計6502万7063人だった。マイナスはリーマン・ショックが発生した08年(前年比1.7%減)以来、12年ぶり。

コロナ禍前の仁川空港の出国ゲート(左)と発生後の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認された1月は前年同月比微増の1345万302人だったが、2月は706万人に急減。流行の「第1波」が本格化した3月は200万人台に落ち込んだ。4月は前年同月の2割水準となる257万人まで減少し、月間最低を記録した。感染者が減少した7、8月はソウルなどから済州島を訪問するリゾート客が増加したこともあり500万人台まで盛り返したが、流行「第2波」の影響で9月は392万人に減少し、「第3波」のあおりを受けた12月は368万人にとどまった。

 昨年、最も利用者が多かった空港は済州空港(2105万人)で、2位は金浦空港(1745万人)。仁川空港は海外旅行客急減の影響を受け、前年の6分の1水準の1205万人だった。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。