Go to Contents Go to Navigation

外国人もワクチン接種対象 長期滞在の健保加入者=韓国政府

記事一覧 2021.02.01 09:18

【ソウル聯合ニュース】韓国で今月からの新型コロナウイルスのワクチン接種開始に向けて準備が進む中、疾病管理庁は1日、国内に滞在する外国人約200万人について、長期滞在者で健康保険に加入している人を接種の対象とすると発表した。

米バイオ製薬ノババックスの新型コロナワクチン(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国国民と同様に医療従事者と療養施設の入所者が優先対象で、その次に基礎疾患がある人と高齢者が対象になる。

 観光客や法務部が管理する季節労働者など短期滞在者については、「国民の健康を守る」との原則に沿って接種するかどうかを判断する方針を固め、具体的な内容について検討を進めている。

 ただ、新型コロナの感染拡大を受け、昨年は季節労働者を受け入れておらず、今年も受け入れる計画はないと法務部関係者は話している。

 外国人の接種対象は健康保険加入者となるため接種は無料となる。結婚移民者らの場合、ほとんどが韓国国民の配偶者であるため、国民の資格で接種を受けられる。

 また、在外同胞や自国で接種を受けた外国人も、韓国に入国する際は現行通り2週間の自主隔離が義務付けられる。 

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。