Go to Contents Go to Navigation

北への原発建設支援 野党主張は「度を越えた政治攻撃」=韓国大統領府

北朝鮮 2021.02.01 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は1日、政府が北朝鮮に対する原発建設支援を検討していたとの野党の主張について「国民を惑わせ、欺く無責任な扇動だ」として「度を越えた政治攻撃であり、レッテル貼りだ」との立場を表明した。青瓦台高官が同日、記者団に対して述べた。

青瓦台=(聯合ニュースTV)

 これに先立ち、月城原発1号機(慶尚北道・慶州)に対する監査院の監査を妨害した疑いなどで起訴された産業通商資源部関係者が、監査直前に原発関連の内部資料530件を削除し、その文書の目録に北朝鮮の原発建設に関する資料も含まれていたことが明らかになった。

 これに対し、産業通商資源部は実務担当の公務員が政策のアイデアとして検討するために作成した文書だったと説明したが、青瓦台はこれを原発建設推進と関連付けること自体が不当だと判断したことになる。

 対北朝鮮制裁下で米国や国際社会に知られずに原発建設を推進するのはそもそも不可能であり、野党もこれを知りながら政治攻撃に利用しているとの指摘だ。

 一方、この高官は最大野党「国民の力」トップの金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長が北朝鮮に対する原発建設推進疑惑を繰り返し提起し、これを「利敵行為」と規定したことに対して法的対応を検討していると明らかにした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。