Go to Contents Go to Navigation

現代自の1月販売台数1.6%増 起亜は2.5%増

記事一覧 2021.02.01 17:43

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は1日、1月の世界販売台数が前年同月比1.6%増の31万9959台だったと発表した。子会社・起亜は同2.5%増の22万6298台だった。

現代自動車「グレンジャー」のハイブリッドモデル(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代の国内販売は25.0%増の5万9501台、海外販売は2.5%減の26万458台だった。

 国内市場では大型セダン「グレンジャー」が8081台で、3カ月連続で1位を記録。小型セダン「アバンテ」(6552台)、中型セダン「ソナタ」(3612台)などセダン販売は計1万8291台で、前年同月比2.1%減少した。

 多目的レジャー車(RV)は「ツーソン」が6733台、「サンタフェ」が4313台、「パリセード」が3818台の計1万7271台で、前年同月比25.4%増加した。

 高級車ブランド「ジェネシス」は、今年から本格的に販売が始まった小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「GV70」の2287台をはじめ、計1万1497台が売れた。

 一方、海外では新型コロナウイルスの感染拡大による需要減が続き、全体的な販売台数が小幅減少した。

 起亜の1月の国内販売台数は前年同月比12.0%増の4万1481台、海外は同0.6%増の18万4817台だった。

 国内での販売トップはRVの「カーニバル」(8043台)で、5カ月連続で起亜の月間販売台数1位を記録した。カーニバルを含むRVモデルでは、「ソレント」が7480台、「セルトス」が3982台など前年同月比76.5%増の計2万2614台が売れた。

 起亜の関係者は「カーニバルやソレントなど最近発売したRVを中心とする新車の販売が引き続き好調だった」とし、今年は電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)を搭載したEVやセダン「K7」の3代目モデル、SUV「スポーテージ」の5代目モデルなど競争力のある新車を発売すると明らかにした。

起亜の4代目「カーニバル」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。