Go to Contents Go to Navigation

警官に唾吐いた読売新聞ソウル支局記者 控訴審でも罰金刑

記事一覧 2021.02.02 14:27

【ソウル聯合ニュース】酒に酔って警察官に唾を吐いたなどとして公務執行妨害罪で在宅起訴された読売新聞ソウル支局の男性記者の控訴審で、ソウル中央地裁は2日、罰金600万ウォン(約56万円)とした一審判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

ソウル中央地裁=(聯合ニュースTV)

 地裁は「原審の量刑が合理的な範囲を逸脱するほど軽く、不当だとはみられない」と判決理由を説明した。

 記者は昨年7月14日未明、酒に酔っていソウル市内の自宅マンション前で騒ぎ、通報を受けて駆け付けた警察官に唾を吐くなどし現行犯逮捕された。

 読売新聞は同年10月、記者を出勤停止15日の懲戒処分としたことを紙面で伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。