Go to Contents Go to Navigation

コロナ「うつ」超え「怒り」に 社会にネガティブ感情広がる=韓国調査

記事一覧 2021.02.02 16:52

【ソウル聯合ニュース】韓国言論振興財団は2日、成人1000人を対象に新型コロナウイルス流行後の日常変化に関するオンライン調査を実施した結果、コロナの感染拡大により韓国社会全般にネガティブな感情が広がっていることが分かったと明らかにした。社会のムードがストレスによるうつ状態の「コロナブルー」を超え、怒りを感じる「コロナレッド」の段階に移っていると診断している。

ソウルの繁華街、明洞。新型コロナウイルス流行前は多くの買い物客や観光客でにぎわったが、最近は空き店舗が目立つ=(聯合ニュース)

 コロナの感染拡大前と比べ、日常での感情がどう変わったかを尋ねたところ、回答者の78.0%は「心配またはストレス」をより多く感じるようになったと答えた。コロナ前よりも「不安または恐怖」を感じるとの回答は65.4%、「いらだちまたは怒り」「憤怒または嫌悪」の感情が増したとの回答はそれぞれ60.8%、59.5%だった。

 これに対し、「誇りまたは自負心」「感謝または安心感」が増したとの回答はそれぞれ35.4%、29.3%にとどまった。

 一方、この先の社会に対しては楽観的に捉えていることが分かった。「韓国社会はどんな困難も最終的に克服する」と考える回答者は63.6%、「韓国社会はよりよい社会になる」との回答も56.7%を占めた。

 ただ、回答者の半数以上は「嫌悪と差別が増える」(66.9%)、「社会構成員の間で格差が広がる」(63.0%)、「個人の自由が制限される」(56.0%)ことなどに懸念を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。