Go to Contents Go to Navigation

韓国・カンボジアFTAが妥結 自動車・機械など輸出拡大期待

記事一覧 2021.02.03 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国とカンボジアは3日、両国間の自由貿易協定(FTA)が妥結したことを宣言し、共同宣言文に署名した。

韓国とカンボジアは昨年7月にFTA交渉を開始した(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 昨年7月の交渉開始ら7カ月での妥結で、韓国が締結したFTAのうち最短。FTA締結は東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポール、ベトナム、インドネシアに続いて4番目となる。

 韓国政府は、カンボジアとのFTA締結により新南方FTAネットワークがさらに拡大し、企業が安定的な貿易投資基盤を設けられると期待を寄せている。

 カンボジアは昨年を除く過去10年間に年7%台の経済成長率を記録しており、35歳以下の人口が65%を占めるなど成長潜在力も高い。ベトナム、タイ、ラオスをつなぐメコン地域のハブでもある。

 2019年の韓国との貿易規模は10億ドル(約1050億円)に上るが、昨年は新型コロナウイルスの影響で減少した。

 両国が参加する地域的な包括的経済連携協定(RCEP)と今回締結したFTAにより、韓国は輸出品目全体の95.6%、カンボジアは93.8%の関税が撤廃されることになった。

 韓国からカンボジアへの主力輸出品目である貨物自動車(関税率15%)と乗用車(同35%)、建設重機(同15%)をはじめ、イチゴ(同7%)、ノリ(同15%)など農水産物に対する関税も撤廃され、カンボジア市場での競争力を確保できるようになった。

 両国は早期にFTA協定文への正式な署名を進める予定だ。

 韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長はこの日、オンラインで行われたFTA交渉妥結宣言式で「今回のFTAを通じて両国がより多くの交易と投資、協力を行い、共同繁栄の道を歩むことを期待する」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。