Go to Contents Go to Navigation

国防白書巡る日本の抗議 「不当で受け入れられず」=韓国

記事一覧 2021.02.03 14:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部は3日、2020年版国防白書を巡り、在日韓国大使館の駐在武官が日本防衛省の抗議に対応したとして、「日本側の不当な抗議は受け入れられず、国防白書の記述内容は客観的な事実であることを明確にした」と明らかにした。

韓国国防部(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防部によると、日本側は白書に盛り込まれている独島関連記述に遺憾を表明し、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したことなどに関する韓国側の適切な対応を求めた。

 国防部が2日に公表した白書は日本との関係を「パートナー」から「隣国」に格下げし、「一部の日本の政治指導者の独島挑発、2018年の日本哨戒機の韓国艦艇に対する近接威嚇飛行とこれに関する事実をごまかした一方的なメディア発表で両国の国防関係が難航した」と指摘した。

 また、「今後も日本の歴史歪曲(わいきょく)、独島に対する不当な領有権主張、懸案問題での一方的かつ恣意(しい)的な措置に対しては断固として厳しく対処する一方、共通の安保懸案については朝鮮半島と北東アジアの平和と安定のため、継続的に協力していく」と明記した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。