Go to Contents Go to Navigation

株の空売り禁止を5月2日まで延長 再開後も大型株に限定=韓国

記事一覧 2021.02.03 18:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の金融委員会は3日に開いた臨時会議で、株式上場銘柄の空売り禁止措置を5月2日まで延長し、同月3日からは総合株価指数(KOSPI)と新興企業向け株式市場コスダックの大型株に限り空売りを再開することを決めた。

金融委員会の殷成洙(ウン・ソンス)委員長(コラージュ)=(聯合ニュース)

 金融委は昨年3月、新型コロナウイルスの流行により動揺した株式市場を安定させるため、3月16日から9月15日まで空売りを禁止することを決定。その後もコロナ禍が収束しなかったため、空売り禁止を今年3月15日まで6カ月延長することを決めた。

 5月3日からはKOSPIとコスダックの主要銘柄で構成されるKOSPI200とコスダック150に限定し空売りを再開し、そのほかの銘柄については空売り禁止が延長される。

 大型株は時価総額が大きく、流動性が十分なため空売りが与える影響が限られる点を考慮したという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。