Go to Contents Go to Navigation

韓国の20年国内自動車販売 初の190万台超=世界9位に

記事一覧 2021.02.04 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業協会(KAMA)は4日、2020年の韓国の自動車新規登録台数は190万5972台で前年比6.2%増加したと発表した。新型コロナウイルス感染症に見舞われる中でも、新型車の発売や個別消費税引き下げなどを追い風に、初めて190万台を超えた。

昨年、韓国の自動車新規登録台数が190万台超を記録した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 世界全体の自動車販売台数は昨年約14%減り、3年連続のマイナスとなった。だが、韓国は世界の主要10市場で唯一、国内販売を伸ばし、市場規模は19年の世界12位から9位に上昇した。

 韓国の昨年の国内販売をみると、セダンは大型車が前年比18.9%増加した半面、軽自動車・小型車が14.1%、中型車が4.0%、それぞれ減少した。

 スポーツタイプ多目的車(SUV)は15.8%増加し、販売台数全体に占める割合は48.3%に拡大した。中でも大型SUVが58.4%伸びた。

 輸入車の販売台数は初めて30万台を突破し、全体に占める割合も15.9%に小幅拡大した。販売額では全体の28.1%に上る。

 このうちドイツ車が約18万台と、61.9%のシェアだった。米国車は39.2%増の約4万6000台で、初めて日本車を抜いて2位に浮上した。日本車は40%を超える落ち込みとなり、10年前並みの約2万1000台にとどまった。

 一方、昨年の電動車の販売台数は22万5000台だった。内訳は、ハイブリッド車(HV)が66.5%増の約17万3000台、電気自動車(EV)が33.3%増の約4万6000台。燃料電池車(FCV)は5841台で、累計販売は1万台を超えた。 

 昨年の自動車全体の国内販売額は68兆ウォン(約6兆4060億円)で前年比15.9%増加した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。