Go to Contents Go to Navigation

光州市を「AI強国の基地に」 4年で580億円投資へ=文大統領

記事一覧 2021.02.04 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、南西部・光州市の金大中コンベンションセンターで開催された「光州人工知能(AI)データセンター」の投資協約・着手式に映像メッセージを寄せ、同市内に建設される「国家人工知能融複合団地」について、「韓国のAIの中核拠点として、情報通信強国からAI強国へ飛躍しようとする韓国の夢を実現する前進基地となる」と述べた。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 国家人工知能融複合団地はAIで世界4大強国となることを目標に造成される集積団地で、人工知能データセンターは団地の中核施設だ。

 文大統領は「国家人工知能融複合団地のため、今後4年間に6200億ウォン(約583億7000万円)を投資し、約1200人の雇用を創出する」と述べた。

 また、IT大手のNHNが2100億ウォンを投資して自社で運営する国家人工知能データセンターは、国内最高のスーパーコンピューターより3倍以上高速でデータを処理し、1億本以上の映画を保存できると説明した。

 さらに、光州科学技術院をはじめとする光州と全羅南道地域の大学でAIの専門人材を育成するとし、こうした人材が世界市場で活躍することで光州を世界的なAI起業都市として発展させると強調した。

 文大統領はこのほか、各地域を代表する産業とAIを結合したAI地域拠点化を推進し、首都圏と地方、都市と農村の格差を縮めていくと述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。