Go to Contents Go to Navigation

浅田次郎の長編小説「おもかげ」 韓国で翻訳出版

記事一覧 2021.02.04 14:18

【ソウル聯合ニュース】日本のベストセラー作家、浅田次郎の長編小説「おもかげ」がこのほど韓国で翻訳出版された。

浅田次郎の長編小説「おもかげ」の韓国語版=(聯合ニュース)

 「おもかげ」は商社マンとして定年を迎えた日に倒れ昏睡状態になった主人公・竹脇正一の不思議な体験を描いた。2016年から1年間、毎日新聞に連載され「浅田文学の決定版」と評価され人気を集めた。

 2001年に公開された韓国映画「ラブ・レター~パイランより~」は浅田次郎の短編集「鉄道員(ぽっぽや)」に収録された小説「ラブ・レター」を映画化した作品だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。