Go to Contents Go to Navigation

「日本食の親善大使」 韓国で2人を初任命

記事一覧 2021.02.04 16:24

【ソウル聯合ニュース】「日本食普及の親善大使」の任命式が4日、ソウルの日本大使館公報文化院で開かれ、2人に任命状が手渡された。

親善大使に任命された石元淳子さん(左から2人目)と権五俊さん(同3人目)=4日、ソウル(聯合ニュース)

 同親善大使は農林水産省が日本食・食文化の普及に取り組む日本料理関係者らを任命する。2015年からこれまで44カ国・地域で87人、日本国内で58人の計145人が選ばれた。韓国で任命されるのは今回が初めて。

 大使に選ばれた石元淳子さん(64)は中部・大田にある又松情報大の日本外食調理学部学部長を務め、学生に日本料理を教えている。「海外に住んではじめて実感できた日本食の文化、奥の深さを少しでも多くの韓国人に広めていく」として、「もっと日本食文化が世界に広まるようお手伝いしたい」と語った。

 ソウル市内の有名すし店「匠権」の権五俊(クォン・オジュン)オーナーシェフ(56)は30年前に日本に渡って修行を続けた。2010年に韓国に戻り、料理人として活動するとともに、講演などを通じて日本食文化の魅力を伝えている。「日本で料理を教えてもらったとき、恩を受けた。韓国人や韓国に暮らす日本人にその恩を返したいと思った」という。今後は「新型コロナウイルスの影響で日本に行けない人のため、できる限り日本の(食)文化を伝える役割をしたい」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。