Go to Contents Go to Navigation

辛ラーメンの農心 映画「パラサイト」と巣ごもり需要で過去最高益

記事一覧 2021.02.04 19:53

【ソウル聯合ニュース】韓国食品大手、農心の昨年の業績が過去最高を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大で「巣ごもり消費」が増えたことに加え、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」に登場する即席麺のアレンジメニュー「チャパグリ」が注目を浴びたことが後押しした。チャパグリは、同社の「チャパゲティ」と「ノグリ」の2製品をまぜて作る。

農心の昨年の業績が過去最高を記録した(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 農心が4日発表した2020年通期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は前年比103.4%増の1603億ウォン(約151億円)、売上高は同12.6%増の2兆6398億ウォンで、いずれも過去最高を記録した。

 同社は「即席麺やスナック菓子など国内主力事業の売り上げが伸びたほか、海外事業が成長したことなどにより業績が改善した」と説明した。

 農心の即席麺は、「辛ラーメン」が昨年、売上高1位を記録したほか、「ノグリ」は初めて売上高1000億ウォンを突破。「チャパゲティ」は韓国即席麺として3番目に年間売上高2000億ウォンを超えるなど、人気を得ている。

 菓子部門では、俳優で歌手のRAIN(ピ)の歌「GANG」から同社のスナック菓子「セウカン」「カムジャカン」などカンシリーズの人気が高まり、好業績を後押しした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。