Go to Contents Go to Navigation

SMエンタに追徴課税19億円 不服申し立てへ=韓国

芸能・スポーツ 2021.02.05 19:37

【ソウル聯合ニュース】韓国大手芸能事務所、SMエンタテインメントは5日、ソウル地方国税庁による税務調査の結果、202億1667万ウォン(約19億円)の追徴課税を受けたと発表した。

SMエンタは国税当局から約19億円の追徴課税を受けたと発表した(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社の自己資本の3.19%に該当するという。

 SMエンタは、納付期限の3月末までに納め、今後、不服申し立ての手続きを進める予定と説明した。

 業界関係者によると、ソウル地方国税庁は先ごろ、SMエンタと同社創業者で総括プロデューサーの李秀満(イ・スマン)氏に対する税務調査を行った。李氏と法人との取引に疑わしい資金のやりとりが見つかったことから実施されたという。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。