Go to Contents Go to Navigation

韓国の造船受注量4カ月連続1位 世界シェアの51.7%

記事一覧 2021.02.08 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は8日、1月に世界で発注された船舶180万CGT(標準貨物船換算トン数)のうち、韓国の造船所が51.7%に当たる93万CGTを受注し、4カ月連続で受注量世界1位を記録したと発表した。

韓国の造船受注量が4カ月連続1位を記録した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 昨年1月の受注量は全体の4.4%に当たる7万CGTだったが、約12倍増えた。

 競合する中国と比べ、受注量は1.6倍、受注額は2.2倍だった。

 大型コンテナ船8隻、超大型オイルタンカー(VLCC)2隻、大型液化天然ガス(LNG)運搬船2隻など付加価値率の高い発注をすべて韓国が受注した。

 同部の関係者は「わが国の造船産業が競合国と比べ、高い技術力をもとに付加価値率の高い分野での競争力を優位に保ったため」と説明した。

 同部は、新型コロナウイルスの流行で延期されていた船舶の発注が再開され、物流量も増えていることなどから、上半期にはコンテナ船の発注量拡大が続くと予想した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。