Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が党中央委員会総会 事業計画を議論=正恩氏出席

北朝鮮 2021.02.09 09:02

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、朝鮮労働党中央委員会総会が8日に開かれ、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が出席したと報じた。「第8回朝鮮労働党大会が提示した戦略的課業を徹底的に貫徹するための各部門の2021年度事業改革を審議、決定するため」とし、1月の第8回党大会で示された新たな国家経済発展5カ年計画の初年度となる今年の具体的な経済目標を議論した。

朝鮮中央通信は9日、党中央委員会総会が8日に開催されたと報じた。金総書記が総会を主宰した=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金総書記は「党大会の決定は向こう5年間に各分野で遂行すべき中長期課業であり、この総会では今年の事業計画の詳細を詰め、党中央委員会の決定として固め、示達することが必要だ」と述べた。

 また、「社会主義建設を阻害する否定的な要素を徹底して克服し、党組織の戦闘的な機能と役割を高める問題を真剣に研究しなければならない」と強調した。中央通信によると、金総書記は闘争目標を立てる過程で見られた消極的で保身主義的な傾向を厳しく指摘した。

 同通信は「(金総書記は)非常防疫状況が続く中でも経済建設を掲げ、人民に対しより安定し、向上した生活条件を提供するための重要な措置を取ろうとする党中央の決意と意志を示した」と伝えた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。