Go to Contents Go to Navigation

駐北ロシア大使 「平壌では必需品も購入困難」=国境封鎖の長期化で

北朝鮮 2021.02.09 10:35

【ソウル聯合ニュース】ロシアのマツェゴラ駐北朝鮮大使は同国のインタファクス通信のインタビューで、新型コロナウイルスの感染防止のための国境封鎖が長引き、平壌では小麦粉や砂糖などの基本的な生活必需品さえも購入が難しくなっていると明らかにした。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が9日、報じた。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは昨年12月、新型コロナウイルス感染症に関する特集番組を放送した=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 マツェゴラ氏は「やっとのことで(サイズが)合う服と靴を見つけても、値段は封鎖前の3~4倍。ロシア大使館の職員はお互いに服や靴を交換して子どもたちに着せている」と伝えた。

 また、「最大の問題は医薬品の不足」だとし、国境封鎖により大使館の職員や子どもたちも基本的な生活が困難になっていると説明した。

 北朝鮮は昨年1月、新型コロナの流入を防ぐため国境を封鎖した。世界でコロナの流行が長引き、封鎖も1年以上続いている。

 マツェゴラ氏は「北朝鮮には新型コロナ発生に備えた十分な医療インフラがないため、できることは徹底したウイルスの流入遮断だということを当局は公然と認めている」と、北朝鮮が封鎖を容易に解除できない事情を説明した。北朝鮮当局の防疫措置により、北朝鮮内の外交官や国際機関職員は平壌から出ることが禁じられているとも伝えた。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。