Go to Contents Go to Navigation

朴前大統領 20日ぶり退院し再び拘置所へ=コロナ感染者と接触

政治 2021.02.09 15:58

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル拘置所での収監中に新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触し、ソウル聖母病院に入院していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領が9日、退院した。

ソウル聖母病院から退院する朴氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

 朴氏は濃厚接触したソウル拘置所の職員1人が先月19日、陽性と判明し、同月20日に入院していた。

 朴氏は2週間の隔離後に受けた検査で陰性と確認された。隔離中に持病の治療を受けられなかったことから入院を続けたが、治療が終わったため拘置所に戻ることになった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。