Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「ファイザー製は2月末~3月初旬供給」=コロナワクチン

政治 2021.02.09 19:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は9日、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じた米製薬大手ファイザー製ワクチンの供給時期について、「2月下旬または3月初旬と予想する」との見通しを示した。ワクチン・治療薬の状況点検会議で述べた。

会議で発言する丁氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

 COVAXを通じて韓国に供給されるワクチンは1000万人分で、今回のファイザー製は約6万人分。韓国に入ってくるワクチンのうち、最も早く供給されるとみられていたが、英製薬大手アストラゼネカと個別に契約したワクチン1000万人分のうち、75万人分が今月24日から28日にかけて供給されるため、最も早いのはアストラゼネカ製になる。このアストラゼネカ製ワクチンは、SKバイオサイエンスが受託生産するもの。

 丁氏は「韓国で生産されたアストラゼネカ製ワクチンの接種が2月末に始まる」とし、「接種が始まるワクチンがどこの製品であれ、これまで準備してきた接種計画により導入、輸送、保管、初接種までの全過程を緻密に準備している」と強調した。 

 また「政府がさまざまなリスクに備えて多様な種類のワクチン導入を推進したため、必要があれば迅速かつフレキシブルに接種計画を調整し11月までに集団免疫を獲得できるよう、滞りなく進めてほしい」と指示した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。