Go to Contents Go to Navigation

失業率5.7%に大幅悪化 失業者数も過去最多=韓国

記事一覧 2021.02.10 08:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の統計庁が10日に発表した雇用動向によると、1月の失業率は5.7%で前年同月に比べ1.6ポイント悪化した。失業者数は前年同月比41万7000人増の157万人で、1999年6月の統計開始以来、最多となった。新型コロナウイルス感染の再拡大が雇用情勢を悪化させている。

ソウル市内の雇用福祉センターで求人情報を見る市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 1月の就業者数は2581万8000人で、前年同月比98万2000人減少した。11カ月連続のマイナス。アジア通貨危機の影響があった1998年1月~99年4月(16カ月連続減)以降で最長となった。また、1月の減少幅はこの11カ月で最も大きい。

 業種別にみると、宿泊・飲食店業(36万7000人減)や卸・小売業(21万8000人減)などで就業者数が減った。運輸・倉庫業(3万人増)や事業施設管理・事業支援・賃貸サービス業(2万7000人増)などは増加した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。