Go to Contents Go to Navigation

育児休暇取得の男性23%増 新型コロナ影響=韓国

記事一覧 2021.02.10 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国雇用労働部は10日、昨年民間企業で育児休暇を取得した男性は2万7423人で、前年比23.0%増加したと発表した。

育児休暇を取得する男性が増加している=(聯合ニュース)

 3年前の2017年(1万2042人)と比べると2倍以上に増えた。

 育児休職者の中で男性が占める割合は24.5%で、前年(21.2%)から小幅上昇した。

 雇用労働部は、育児休暇を取得する男性が急激に増加しているのは夫婦で協力して子育てする文化が広がっていることに加え、男性の育児休職を奨励する制度の後押しによるものだと説明した。

 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大による学校の登校制限などで、家で子どもの面倒をみる必要性が増したことも影響を及ぼしたとみられる。

 昨年の民間企業の育児休職者は前年比6.5%増の11万2040人で、休職期間は平均9.4カ月だった。

 時短勤務制度を利用したのは1万4698人で、前年比159.7%と急増した。これも新型コロナウイルスの影響と分析される。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。