Go to Contents Go to Navigation

李明博元大統領がきょう退院 ソウル近郊の刑務所に移送へ

記事一覧 2021.02.10 14:43

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル東部拘置所に収監中、持病の治療のため入院していた李明博(イ・ミョンバク)元大統領が10日、退院してソウル近郊の安養刑務所に移送される。

李明博元大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル東部拘置所では昨年末に新型コロナウイルスの集団感染が発生したが、李氏はPCR検査を受けて陰性が確認された後、12月21日にソウル大病院に入院した。

 李氏側は引き続きソウル東部拘置所で収監生活を送ることを希望したが、当局は分類処遇委員会の審査結果と同拘置所で新型コロナの集団感染が発生したことなどから移送を決定したという。

 収賄や横領などの罪に問われた李氏は、昨年10月の大法院(最高裁)判決で懲役17年、罰金130億ウォン(約12億円)、追徴金57億8000万ウォンの実刑が確定した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。