Go to Contents Go to Navigation

国内空港の利用客 旧正月連休は前年比10%減予想=韓国

記事一覧 2021.02.10 15:18

【ソウル聯合ニュース】韓国で旧正月連休(11~14日)を含む10~14日の5日間に仁川国際空港を除く国内空港の利用客数が80万人を超える見通しだ。

旧正月連休を前に混雑する金浦空港=10日、ソウル(聯合ニュース)

 航空業界によると、10~14日に仁川空港を除く国内14空港を約84万人が利用すると見込まれる。昨年の旧正月連休(1月23~27日)の利用客数(約93万人)に比べ10%ほど少ない。

 10~14日の14空港の航空機の運航便数は6531便と予想される。首都圏の利用客が多い金浦国際空港の発着便は2139便、利用客は28万人になる見通しだ。

 国際線が大半を占める仁川空港の利用客は5日間で3万2147人と予想される。新型コロナウイルスの感染状況が深刻でなかった昨年の旧正月連休に比べ96%以上減少する見通しだ。

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため連休期間中も防疫対策「社会的距離の確保」のレベル(首都圏で上から2番目の第2.5段階、首都圏以外の地域で第2段階)を維持し、5人以上の私的な集まりを禁止する。

 空港関係者は「乗客に社会的距離の確保と防疫指針の順守を呼びかけている。顧客利用施設の防疫も続けている」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。