Go to Contents Go to Navigation

アストラゼネカのワクチンを初認可 高齢者接種も容認=韓国

政治 2021.02.10 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国食品医薬品安全処は10日、新型コロナウイルスのワクチンに関する最終点検委員会の会議を開き、英製薬大手アストラゼネカのワクチンを認可したと発表した。韓国当局が新型コロナワクチンを認可するのは初めて。接種対象は満65歳以上の高齢者を含む満18歳以上の成人。

会見を行う金剛立(キム・ガンリプ)食品医薬品安全処長=10日、清州(聯合ニュース)

 食品医薬品安全処は、既に提出された臨床試験の資料に加えて米国などで行われている第3相臨床試験の結果を提出することを条件に成人の全年齢を接種対象とした。

 報告された副反応などの異常事例はほとんどが予測されていたもので、65歳以上の高齢者においても重大な異常は発生しなかった。ただ、使用上の注意事項には「65歳以上の高齢者への使用は慎重に決定しなければならない」と記載することを決めた。

 英国とブラジルでの臨床試験で効果を分析した結果、予防効果は62%だという。

新型コロナウイルスワクチン認可のための会議の様子=10日、清州(聯合ニュース)

 このワクチンは、アストラゼネカが韓国のSKバイオサイエンスに委託して製造する。

 アストラゼネカのワクチンは欧州医薬品庁(EMA)や英国など50カ国・地域で条件付き認可、または緊急使用承認を受けたが、一部の国は高齢者には使用しないよう勧告した。

アストラゼネカのワクチン=(聯合ニュースTV)

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。