Go to Contents Go to Navigation

政府と慰安婦団体元代表の面会記録公開へ 弁護士団体が一部勝訴=韓国

記事一覧 2021.02.10 16:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル行政裁判所は10日、保守系弁護士団体「朝鮮半島の人権と統一のための弁護士会」が外交部を相手取って起こした韓日慰安婦合意(2015年12月)に関する情報公開拒否処分の取り消しを求める訴訟で、原告一部勝訴の判決を言い渡した。

慰安婦団体元代表で与党「共に民主党」国会議員の尹美香氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部は15年、日本政府との慰安婦合意の過程で当時、慰安婦被害者支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の常任代表だった与党「共に民主党」国会議員の尹美香(ユン・ミヒャン)氏と面会を行った。

 弁護士会は昨年6月、尹氏が慰安婦合意の内容を知っていたのか、尹氏の意見が合意に反映されたのかについて国民が知る権利があるとして外交部に面会に関する資料と情報を請求したが、非公開決定が下されたことを受けて訴訟を起こした。

 裁判所は判決で、公開が拒否された情報5件のうち、具体的な外交合意など敏感な内容を含む1件を除き公開するよう命じた。

 外交部は当時、弁護士会が請求した情報は公開された場合に国の重大な利益を損ねる懸念があり、公共機関の情報公開に関する法律が定める非公開対象に当たると判断した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。