Go to Contents Go to Navigation

南北離散再会申請者 昨年に約3300人死亡=韓国

北朝鮮 2021.02.12 07:00

【ソウル聯合ニュース】朝鮮戦争などで生き別れになった韓国と北朝鮮の離散家族の再会行事が2018年8月を最後に開かれていない中、韓国で離散家族の再会を申請した人のうち、昨年に約3300人が亡くなったことが12日、分かった。

南北離散家族の再会行事は18年を最後に開かれていない(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国統一部によると、離散家族情報統合システムに登録された離散家族再会の申請者のうち、昨年に3342人が死亡した。今年1月には298人が亡くなり、存命者は4万9154人となっている。

 離散家族の高齢化は進行している。今年1月末時点で90歳以上は1万4191人(28.9%)、80代は1万8876人(38.4%)、70代は9312人(18.9%)と全体の86.2%が70代以上となった。100歳以上は580人と推定される。

 離散家族の再会行事は冷え込んでいる南北関係に加え、新型コロナウイルス感染拡大も足かせとなっている。北朝鮮はウイルスの流入を防ぐため、昨年1月から国境を閉鎖している。

 韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は映像を通じた離散家族の面会を推進する一方、新型コロナウイルス感染が収束すれば再会行事の開催を進める考えだ。映像再会を行う会場の改修・補修作業を終えたほか、北朝鮮が応じる場合、北朝鮮に送るモニターやビデオカメラなどを対北朝鮮制裁の対象から除外するよう求め、承認を受けている。

 毎年、旧正月(今年は12日)に離散家族らが南北軍事境界線に近い韓国北西部の臨津閣で実施していた祭礼も今年は新型コロナウイルスの影響で非対面で行われる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。