Go to Contents Go to Navigation

ユニクロが今月中に10店舗閉店 不買運動・コロナ影響=韓国

記事一覧 2021.02.12 15:00

【ソウル聯合ニュース】カジュアル衣料品店のユニクロが今月中に韓国内の10店舗を閉店する。閉店後の店舗数は143店となる。

ユニクロの明洞中央店は1月末に閉店した(資料写真)=(聯合ニュース)

 ユニクロは閉店について「新型コロナウイルス感染症の流行長期化のような外部要因の影響と、消費トレンドの変化など複合的な要素を考慮し、さらに効果的に店舗を運営するためのビジネス戦略の一環」とし、最近の消費トレンドを勘案しオンラインストアを強化する計画だと説明した。

 ユニクロの韓国内の店舗数は2019年末は187店だったが、日本による対韓輸出規制強化を受けて韓国で起きた日本製品の不買運動や新型コロナによる景気低迷が重なり減少し始めた。先月末にはソウルの明洞中央店が閉店した。同店舗は11年の開店当時、世界で2番目に大きいユニクロ旗艦店として話題を集めた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。