Go to Contents Go to Navigation

韓国新女性家族相が慰安婦被害と面会 「意思反映されるよう努力」

記事一覧 2021.02.10 20:20

【ソウル聯合ニュース】韓国女性家族部長官に就任した鄭英愛(チョン・ヨンエ)氏が旧正月連休(11~14日)を翌日に控えた10日午後、慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪れ、就任後初めて被害者と面会した。

慰安婦被害者と面会した鄭氏(女性家族部提供)=10日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 鄭氏は日本の謝罪が必要だと話す被害者の話を聞き、「(被害者の)意思が反映されるように努力する」と述べた。

 鄭氏は昨年12月に就任。韓国政府が認定した慰安婦被害者の存命者16人のうち8人と電話で話し、訪問する約束をしていた。

 ナヌムの家には5人の慰安婦被害者が暮らしている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。