Go to Contents Go to Navigation

20年の韓国航空旅客 前年比約7割減=20年ぶり低水準

記事一覧 2021.02.14 11:26

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの影響で、韓国の航空旅客が昨年、前年比約7割減少した。国土交通部が14日発表した。

閑散とした韓国・仁川国際空港の出国フロア=(聯合ニュース)

 同部によると、2020年の航空旅客は前年比68.1%減少した3940万人だった。航空旅客が4000万人を下回るのはアジア通貨危機の影響を受けた1998年(3361万人)と1999年(3789万人)以来約20年ぶり。

 特に、コロナの影響で国際線の旅客は1424万人となり、84.2%急減した。

 地域別では日本路線が前年比88.2%減を記録し、減少幅が最も大きかった。

 日本の対韓輸出規制強化による日本旅行自粛やコロナによるビザ免除措置の中止が影響したとみられる。

 中国路線も前年比87.8%減となり、日本と中国を除いたアジア(83.4%減)や米国(72.3%減)、欧州(82.2%減)など、全路線の旅客が大幅に減少した。

 一方、国内路線の旅客は23.7%減の2516万人だった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。