Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ受けた将兵の休暇禁止措置 約80日ぶり解除=韓国軍

政治 2021.02.15 08:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部は15日、政府が新型コロナウイルス防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを引き下げたことに合わせ、部隊内での距離確保のレベルも緩和した。これにより、禁止されていた将兵の休暇は防疫管理が可能な範囲内に限り、部隊員の20%以内で認められる。

休暇中の兵士(資料写真)=(聯合ニュース)

 休暇から復帰する際に検査を受けさせるとともに、復帰後もほかの将兵と生活空間などを分離し、予防的な隔離措置を実施するなどの防疫措置を取る。

 ただ、集団感染が発生した地域に在住する将兵の休暇は制限される。

 外出は原則的に制限されるが、指揮官が安全だと判断する場合は認める。外泊と面会は引き続き制限される。

 韓国軍は昨年11月27日から全将兵の休暇を禁止していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。