Go to Contents Go to Navigation

新型コロナワクチン計7千9百万人分確保 2千万人分は国内生産=韓国

記事一覧 2021.02.16 11:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は16日、政府世宗庁舎で主宰した中央災難(災害)安全対策本部の会議で、これまでに確保した新型コロナウイルスワクチン5600万人分に加え2300万人分を新たに確保し、計7900万人分になったと発表した。

中央災難安全対策本部の会議で発言する丁首相=16日、世宗(聯合ニュース)

 上半期のワクチン需給の不確実性が次第に増していることから、当初下半期に1000万人分の供給を受ける契約だった米ファイザーのワクチンのうち、一定量を上半期に前倒しで購入するという。

 丁氏は、下半期に購入予定だったワクチンのうち100万回分(50万人分)について3月末に供給を受け、追加で600万回分(300万人分)のワクチンを4~6月期に購入する契約を結んだと説明した。

 これにより、ファイザーのワクチンは4~6月期に計700万回分(350万人分)の接種が可能になる。

 また、丁氏は米ノババックスのワクチン2000万人分の購入を決め、4~6月期から接種を開始すると明らかにした。

 ノババックスのワクチンは韓国のSKバイオサイエンスが受託生産することから、国内でのワクチン開発を早めることにも役立つと評価した。

 新型コロナの感染状況に関しては、この2週間に社会的実践力を最大限引き上げ、確実な安定を達成してこそ3月から防疫レベルを緩和できると強調した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。