Go to Contents Go to Navigation

「ステイホーム」長期化で騒音対策 マット・耳栓など人気=韓国

記事一覧 2021.02.16 11:49

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、家にとどまる時間が増え、集合住宅での騒音を減らす商品の需要が高まっている。ネット通販大手「ウィメプ」は16日、昨年12月1日から先月31日までの騒音防止商品の売り上げが増加したと明らかにした。

韓国で騒音防止用品の売り上げが増えている(ウィメプ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 なかでも、床に敷く衝撃吸収マットの売り上げは前年同期比80%増加。好きな場所に敷き、巻いて片付けることができるロールマットの売り上げは同95%増加した。

 ソファ、椅子、机などの脚に貼る騒音防止パッドは37%、壁越しの騒音を軽減する防音材は12%増えた。スリッパは86%、ラグは12%の増加率を記録した。

 騒音防止用の耳栓の売り上げは122%増加した。

 韓国環境公団によると、昨年集計された騒音関連の苦情は前年比61%増の4万2250件だった。

 ウィメプの関係者は「在宅勤務やホームスクーリング(自宅学習)などが続くと予想され、騒音を減らすための製品の購入は増加が続くだろう」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。