Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(2月16日)

◇新規コロナ感染者457人 連休明けて再び400人超

 韓国の中央防疫対策本部は16日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から457人増え、累計8万4325人になったと発表した。市中感染が429人、海外からの入国者の感染が28人だった。1日当たりの新規感染者数は300人台が3日間続いた後、この日は前日(343人、訂正後)から114人増え、4日ぶりに400人を上回った。

新型コロナウイルス検査の順番を待つ人たち(資料写真)=(聯合ニュース)

◇新型コロナワクチン計7千9百万人分確保 2千万人分は国内生産

 丁世均(チョン・セギュン)首相は、政府世宗庁舎で主宰した中央災難(災害)安全対策本部の会議で、これまでに確保した新型コロナウイルスワクチン5600万人分に加え2300万人分を新たに確保し、計7900万人分になったと発表した。また、米ノババックスのワクチン2000万人分の購入を決め、4~6月期から接種を開始すると明らかにした。ノババックスのワクチンは韓国のSKバイオサイエンスが受託生産することから、国内でのワクチン開発を早めることにも役立つと評価した。

◇慰安婦被害者「日本の罪明らかに」 ICJ提訴求める

 旧日本軍の慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんがソウルのプレスセンターで記者会見を開き、「韓国政府が国際法に基づいて日本の罪を明らかにしてほしい」として、慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう文在寅(ムン・ジェイン)大統領や韓国国民に呼び掛けた。李さんは、日本が罪を認めて謝罪しなければならないとした上で、「(ICJの)判決を受けて完全に解決し、(韓日両国が)仲良くしなければならない」と語った。

◇軍事境界線付近で北朝鮮男性1人の身柄確保 韓国軍「亡命の意思」

 韓国軍当局が16日、北東部の南北軍事境界線に近い民間人出入統制線検問所付近で北朝鮮男性1人の身柄を確保し、韓国入りした経緯や亡命の意思などを調査している。軍の合同参謀本部によると、民間人出入統制線で同日午前4時20分ごろ、南に移動する男性1人の姿が防犯カメラに捉えられ、軍が午前7時20分ごろにこの男性の身柄を確保した。男性は20代前半とみられ、調査に対し亡命の意思を示しているとされる。

◇資産差し押さえ命令 三菱重工の即時抗告を地裁が棄却

 韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に強制徴用被害者への賠償を命じた判決を巡り、同社は韓国国内資産の差し押さえ命令を不服として即時抗告したが、裁判所がこれを棄却したことが、16日分かった。大田地裁は、この事件に関する債権は韓日請求権協定の対象にならないとする大法院判決を根拠に挙げ、韓日請求権協定に基づく仲裁委員会の仲裁手続きが行われていないなどとする三菱重工側の主張は差し押さえの障害とみなすことはできないと説明した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。