Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「福島原発汚染水放出の安全性検証を」 IAEAに要請

韓日関係 2021.02.16 20:29

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の鄭冀溶(チョン・ギヨン)気候環境科学外交局長は16日、国際原子力機関(IAEA)のレンティッホ事務次長と東京電力福島第1原発の処理済み汚染水に関してテレビ会議形式で協議し、日本政府の海洋放出計画について透明性と安全性を検証するよう要請した。

テレビ会議に参加した鄭冀溶氏(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部は「福島原発の汚染水問題がわが国を含む周辺国や国際社会の安全および環境に影響を及ぼす重大な事案であることから、日本政府の汚染水処分の全過程でIAEAが透明性の確保および安全性の検証などの問題について積極的な役割を果たすよう要請した」と説明した。

 これに対しIAEA側は同問題の重要性をよく理解しているとし、国際機関として汚染水の処分と関連したすべての決定と措置が適切になされるよう努力を続けると応じた。 

 韓国政府は今後も日本政府および国際社会と緊密に連携を取り、国際社会が受容できる環境基準を日本政府が順守し、これを客観的に検証する過程に国際社会が参加できるよう外交的努力を続けていく計画だ。 

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。