Go to Contents Go to Navigation

韓中外相が電話会談 習主席の訪韓意向を再確認

政治 2021.02.16 21:04

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は16日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官が同日に中国の王毅国務委員兼外相と電話会談し、両国関係や朝鮮半島問題、地域情勢などについて協議したと発表した。鄭氏は今月8日に就任した。

2018年3月、訪中した鄭氏(左)が王毅氏と会談した(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 両氏は習近平国家主席の訪韓の意向を改めて確認。新型コロナウイルスの感染状況が安定し、環境が整い次第、習主席の訪韓が実現するよう意思疎通を続けることで一致した。

 王氏は鄭氏に訪中を要請し、鄭氏は具体的な訪中時期について協議する考えを示した。

 両氏はまた、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和体制構築に向け、韓中の協力を強化することを確認した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。