Go to Contents Go to Navigation

新駐韓大使が着任あいさつ 「日韓は重要な隣国」

記事一覧 2021.02.17 11:49

【ソウル聯合ニュース】相星孝一・駐韓日本大使は17日までに在韓日本大使館のホームページに着任あいさつを掲載し、「この地域の安定のためには日韓・日米韓の連携が不可欠」と強調した。

相星孝一氏=(共同=聯合ニュース)

 相星氏は「日韓両国は双方の国民がそれぞれの政治、経済、社会、文化に高い関心を有する重要な隣国同士」として、「日韓関係はこれまでになく厳しい状況にあることも認識しており、責任の重さを感じている」と表明した。

 相星氏の韓国勤務は3度目となる。1999年は在韓日本大使館の1等書記官、2006年には公使を務めた。

 今後の両国関係について同氏は、「現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、日韓間の交流には大きな制約があるが、新型コロナウイルス感染症が収束すれば様々な交流や人的往来が再開できるよう環境醸成に努める」との姿勢を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。