Go to Contents Go to Navigation

中国除くEVバッテリー市場 LGが世界シェア1位に

記事一覧 2021.02.17 14:35

【ソウル聯合ニュース】中国市場を除いた世界の電気自動車(EV)向けバッテリー(電池)の昨年の使用量は、韓国のLGエナジーソリューションが1位だったことが17日、分かった。

昨年10月にソウルで開催されたバッテリー展示会「インターバッテリー2020」で各社が新技術を公開した(資料写真)=(聯合ニュース)

 エネルギー市場専門の韓国調査会社・SNEリサーチによると、中国を除く世界で昨年登録されたEV、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)のバッテリー使用量は81.2ギガワット時(GWh)だった。

 このうちLGエナジーソリューションのバッテリー使用量は26.8GWhで、全体の33.1%を占めて1位を記録した。

 日本のパナソニックが25.6GWh(31.6%)と僅差で2位に、サムスンSDIが10.1%、SKイノベーションが9.7%のシェアで3、4位につけた。

 中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は、自国市場を除いた今回の集計では5.3GWhの使用量でシェア6.5%を記録し、5位となった。

 2019年にはわずか0.2GWhだったCATLの非中国市場でのバッテリー使用量は、昨年20倍以上成長したことが分かった。シェアも19年の0.4%から昨年は6.5%に上昇した。

 SNEリサーチは「これまで中国市場のみに限られていたCATLの地位が、中国以外の地域でも飛躍的に高まっている状況だ」と評価した。

 これに先立ち、同社が発表した昨年の中国を含む世界全体のEV向けバッテリー使用量の順位で、CATLはシェア24.0%(34.3GWh)で4年連続1位を記録した。

 LGエナジーソリューションは23.5%で2位、サムスンSDIは5.8%、SKイノベーションは5.4%でそれぞれ5、6位だった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。