Go to Contents Go to Navigation

韓国代表選手村で18日に訓練開始式 東京五輪に向け 

記事一覧 2021.02.17 13:57

【ソウル聯合ニュース】各スポーツ競技の韓国代表選手が5カ月後に迫った東京五輪や来年2月の北京冬季五輪など主要な国際大会を見据え、中部・忠清北道鎮川郡にある国家代表選手村で本格的なトレーニングに入る。大韓体育会(韓国オリンピック委員会)は18日午後、同選手村で2021年の訓練開始式を開く。

2020年の開始式。記念撮影する代表選手と関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

 開始式には黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官や李起興(イ・ギフン)大韓体育会長、すでに選手村入りしている9競技の代表選手、指導者などが出席する。フェンシングのオ・サンウク選手と自転車のイ・ヘジン選手が選手宣誓し、黄氏と李氏は東京五輪での健闘を期待し選手を激励する予定だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、開始式は政府の防疫指針に従って出席者を最小限に抑える。選手村の外でトレーニング中の代表選手はオンラインで参加する。

 開始式の模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCapmswGz7_EPlKQ0OXqEMmQ)で中継され、誰でも視聴できる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。