Go to Contents Go to Navigation

米司法省 北朝鮮のハッカー3人を起訴=銀行などにサイバー攻撃

北朝鮮 2021.02.18 08:56

【ワシントン聯合ニュース】米AP通信やワシントンポストなどによると、米司法省は17日(現地時間)、世界の銀行と企業からハッキングで計13億ドル(約1380億円)以上の現金と暗号資産(仮想通貨)を盗み出したか盗もうとしたとして、北朝鮮偵察総局所属の3人を起訴したと発表した。

起訴された3人のハッカー。左からパク・ジンヒョク、チョン・チャンヒョク、キム・イル(米司法省提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 昨年12月に提出された起訴状によると、3人はパク・ジンヒョク、チョン・チャンヒョク、キム・イルとの名前を使っている。北朝鮮偵察総局はサイバー攻撃部隊を運営している。

 3人は2018年3月から昨年9月まで、パソコンに侵入できる複数の仮想通貨アプリケーションを開発し、ハッカーに提供したなどとされる。

 米国務省と国防総省のほか、防衛、エネルギー、航空宇宙企業に対し不正プログラムを組み込んだメールを送り、情報を盗み出そうともしたという。

3人の手配ポスター(米司法省提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。