Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子主要経営陣の年俸 昨年は2倍にアップ

記事一覧 2021.02.18 10:02

【ソウル聯合ニュース】米中貿易摩擦や新型コロナウイルス流行にもかかわらず2020年に約36兆ウォン(約3兆4400億円)の営業黒字を記録した韓国・サムスン電子の主要経営陣の年俸が2倍上昇したことが18日、分かった。

金奇南副会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 サムスン電子が金融委員会、韓国取引所などに提出した書類によると、昨年同社が取締役11人(社内取締役5人、社外取締役6人)に支給した報酬の総額は337億ウォンだった。2019年(179億ウォン)の約2倍だが、増加分の大半は社内取締役の報酬が占める。

 社外取締役の場合、「社外取締役処遇規定」に基づき報酬が固定されているが、社内取締役は月給の200%以内で年2回の分割支給を行う「目標インセンティブ」、年俸50%以内の「成果インセンティブ」、収益率に基づき3年間分割支給される「長期成果インセンティブ」などによって報酬額が変わる。

 社外取締役6人の19年の報酬は総額約9億ウォンだった。社外取締役は昨年入れ替わっていないため、金奇南(キム・ギナム)代表取締役副会長など社内取締役を務める主要経営陣5人に昨年支給された報酬は約328億ウォンに上ると推定される。1人当たりの平均が65億6000万ウォンの計算になる。

 サムスン電子の昨年の営業利益(連結ベース)は35兆9939億ウォンで前年比29.6%増加した。13年、17年、18年に続き年間営業利益が35兆ウォンを超えた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。