Go to Contents Go to Navigation

韓国造船大手サムスン重工業 LNG燃料の大型タンカー4隻受注

記事一覧 2021.02.18 13:47

【ソウル聯合ニュース】韓国造船大手のサムスン重工業は18日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする大型オイルタンカー(VLCC)4隻をオセアニアの海運会社から受注したと発表した。受注額は計4587億ウォン(約439億円)で、2023年6月までに順次引き渡す予定。

サムスン重工業がLNG燃料のVLCC4隻を受注した(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これらのVLCCには、硫黄酸化物や二酸化炭素など大気汚染物質を含むガスの排出量を減らすための装置が多数搭載される。燃料のLNG使用を効率化するためにサムスン重工業が独自開発したシステムも取り付ける。

 同社は先週コンテナ船5隻を受注しており、LNG燃料船の受注はこれで9隻(受注額約1兆2000億ウォン)に増えた。今年の受注隻数は計14隻(17億ドル=約1800億円)で、年間の目標達成率は22%となった。

 サムスン重工業によると、造船・海運業界では環境規制の強化に伴い今後もLNG燃料船の需要が拡大する見込みだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。