Go to Contents Go to Navigation

[韓流]キーイーストが3年ぶり黒字 ドラマ好調

記事一覧 2021.02.18 16:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の芸能事務所大手キーイーストは18日、決算取締役会を開き、韓国が採択した国際会計基準(K-IFRS)に基づき作成した連結財務諸表ベースの昨年の売上高が481億ウォン(約46億円)、本業のもうけを示す営業利益が17億ウォン、当期純利益が87億ウォンを記録したと公示した。売上高は前年比22%増加した。営業利益は178%増加し、3年ぶりに黒字に転じた。

キーイーストのロゴ(同事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 キーイースト側は増益について、ドラマ「ハイエナ―弁護士たちの生存ゲーム―」の知的財産権の直接販売に加え、ドラマ制作数が前年に比べ大幅に増加し、全般的な事業収益性が改善したためと説明した。

 キーイーストは先月、400億ウォン規模の大作など期待作をはじめとする今年の第1次ラインナップを発表し、昨年よりもさらに活発に作品制作を進めると予告した。

 マネジメント事業部門では、先ごろ俳優のユ・ヘジン、女優のチョ・ボアと専属契約を結んだ。また、同事務所に所属する女優のムン・ガヨン、キム・ソヒョン、パク・ハソン、俳優のキム・ドンウク、ジス、ファン・インヨプなども活発に活動している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。